バレンタインアルバイトはカフェの仕事を選びました!

バレンタインアルバイトはカフェの仕事を選びました!

おしゃれなチェーン店のイメージがありますし、バリスタなんかの憧れをもつ人も多いので、一度はやってみたいと思う人が多いと思います。

 

ドリンク作りが中心ですが、サイドメニューの調理や接客、レジ、店内清掃、商品陳列、納品確認といろいろな仕事があります。

 

コーヒーマシンの使い方、ドリンクの作り方、レジの使い方などはマニュアルで勉強しながら、あとは現場で覚えていくことになります。

 

バレンタインのアルバイトと言えばチョコレート販売がメインだと思いますが、意外とカフェのバイト求人も多くなります。

バレンタインカフェアルバイトの内容

将来は自分のカフェを持ちたいというのが夢だったんです。

 

そんなこともあって、バレンタインアルバイトの中心のチョコレート販売ではなくて、カフェの仕事を選びました。

 

おいしいコーヒーやラテの作り方を学べて、コーヒーの知識も自然と身に着くと思ってアルバイトをすることにしたんです。

 

おいしいコーヒーへの思い入れやこだわりは、想像以上で驚きましたね。

 

チェーン店だったので、もう少しマニュアルマニュアルしているのだと勝手に予想していたのですが、手動マシンを使ってタンピングをして、お湯の温度や集中津時間なども気にしながら一杯一杯丁寧にコーヒーを作っていたんです。

 

少しでもお湯の温度や集中津時間が違えば、もう一度作り直すほどの徹底ぶりです。

 

お客さまに最高の一杯を提供するということが、これほど大変だとは思ってもみませんでした。

 

ドリンクやフードの種類もなかなか多くて、最初はメニューを覚えるのが大変でした。

 

お客さまによっては、ミルクを豆乳に変えたり、シロップを追加したりと、オプションを追加したり、カスタマ渦することがあるので、それに慣れるまでは大変でしt。

 

バレンタインまでの短期アルバイトのつもりだったんですけど、仕事ぶりも評価されて、その後も引き続きアルバイトをすることになったんです。

バレンタインカフェバイトの良かったこと

おいしいコーヒーやラテの作り方を学べたし、コーヒーの知識も自然と身に付きました。

 

最高の一杯を提供することを徹底しているので、常に真剣にコーヒー作りに励んだんです。

 

スタッフさんもコーヒーが好きな人が多いので、コーヒーのうんちくだったりをいろいろと聞けて楽しかったです。

 

作れば作るほど、コーヒーは奥が深いんだと言うのが分かりました。

 

ラテアートにも挑戦することができたのも大きな喜びですね。

 

閉店後に先輩や社員さんから教えてもらいながら、ラテアートを始めました。

 

お客様の喜ぶ顔が早く見たくて、家でも練習するようにしています。

 

駅前にあるお店なので、常連さんも多くて、顔見知りになるとちょっとした会話を交わすようになるのも嬉しいですね。

 

いつもありがとう、おいしかったよって言われると、すごくうれしくて、すごくやりがいを感じます。

 

最初はおいしいコーヒーを作れなかった最初の頃は、お客様を待たせてしまって泣きそうな気分にもなりましたが、大丈夫落ち着いて、味がなによりだからしっかりと作ろうって声をかけられて、温かい職場だということを痛感しましたね。

 

怒鳴り散らされるような職場だったら、こんなにも長く続けられなかったかもしれません。

 

後輩が出来ても、私がしてもらったように、優しくそして時には厳しく指導をしていきたいと思います。